« 愛らしさの秘訣は | トップページ | バラシを想定して養生 »

2018年6月15日 (金)

The職人

こんにちはnote 山田ですhappy01

ここしばらくの間 計算機と向かいあいながら数字と奮闘

(本年度の労働保険料の申告準備)しておりましたが

本年度も無事計算を終え 申告終了いたしましたので

またまたブログのほう 書いていきたいと思いますpen

カウントダウン宣言をしてから なんとかかんとか書きすすめ 

半分の折り返しは過ぎましたが

少々スローペースになっておりますので ピッチをあげていきますよrock

梅雨入りし 雨の日も増えてきましたrain

なので 現場取材も思うようには進みませんが

天気のいい日に 取材とりだめし

まとめて一気に書き上げる方法 いいかもしれない~

ということで 今日は書けるだけ 書いていきますねnote




6月14日(木)取材分

三木市志染町東自由が丘 I様邸の現場より

約築40年 初めての塗り替えしていきますが

築年数のわりには 非常に状態がよいことに驚かされました

屋根は金属屋根 経年劣化で錆がでていますが

金属が腐り穴などがあいてしまっているところは ありませんでした 


草部親方は 金属屋根のケレン作業をしていましたよ

ていねいにサビを おとしていきます
Img_5326









ケレンしたところを ズームで撮影してみましたcamera

違いは 一目瞭然でしょうsign01
Img_5328 Img_5334









ケンマロンでケレンしていくのですが

使用済みケンマロンをみて 『えぇっsign01

ケンマロン もともとの厚みがなくなり

穴もあくほど とにかくペラペラに

Img_5332 Img_5333









金属屋根なので 熱を吸収してかなり熱くなり

ケレン作業していると 手が火傷しそうになるぐらい 熱いそうです

使用済みケンマロンの状態を見れば 分かる気がしましたよ

(ケンマロンが溶けたみたいになっていましたからね)



黒田さんは 塩ビシートを剥がす作業をしていました。
Img_5329









経年劣化で 粘着力がなくなってしまっているので

カッターナイフで 軽く削ぐだけで

ペリペリ紙のように剝がれますeye
Img_5330









塩ビシートの状態が悪くなければ 上から塗料を塗っていきますが

粘着力がなくなってしまっている塩ビシートの上に塗料を塗ると

塩ビシートごと すぐに塗料が剥がれてきてしまうおそれがあるため

手間はかかりますが 美しい状態が長持ちするようにと

塩ビシートをすべて剥がしてから塗ることにしたそうです

『とにかく(これからもなんとか家が)もつようにして欲しい』ということが

お客様のご要望でしたので 塗った塗料が剥がれないようにと

限られた時間・予算内でベストを尽くす姿勢は

まさに 『The職人』 だと思いましたよ(笑)

午後からも 引き続き頑張ってください




以上、山田がお伝えしましたhappy01

残りfourthree件 頑張りますsign03

« 愛らしさの秘訣は | トップページ | バラシを想定して養生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91362/66832667

この記事へのトラックバック一覧です: The職人:

« 愛らしさの秘訣は | トップページ | バラシを想定して養生 »