« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月27日 (火)

お客様第一

こんにちはnote 山田ですhappy01

厳しかった寒さも和らいできて 春の訪れを感じる今日この頃

気付けば 2月も末にさしかかっております(早っ)

明日は 娘の高校の卒業式なのですが

卒業式と言えば 思い出すことが。。。

最後のSTが終わり 『さよなら~』と 教室の扉を開けて出ていく私を見送るときの 

担任の先生の ものすごく悲しそうな顔weep

20年以上も前のことですが 今でも思い出せるぐらい
高2・高3と2年間担任だった先生とは 折があわなくて

最悪な関係でしたdowndown




『先生とは もう話すことはないsign01』と

2年ちかく 最後まで

進路指導の時期だって 一言も話しませんでした

なので 毎回 私だけ三者面談もなかったんですよcoldsweats01

新任の先生だったので 初めての担任

問題児の私には 頭を悩ませたことでしょう

『初めての担任 お前のことは強烈過ぎて 一生忘れることはないわsign01』と

一方的に告げられたほど




『お前が話したくなるまで待つから』

待ち続ければ ドラマのように

卒業式の日には わだかまりが消え 和解できるはずと

信じていたのでしょうね 超熱血教師でしたから(笑)

けれど まだまだ子どもだった当時の私は そんな先生の期待も無視して

『さよなら~』とみんなにあいさつして あっさりと帰ってしまったわけで。。。




大人になってから 友達伝いに 先生が会いたいと言っていると

何度か言われました

先生は 私が元気でやっているのか気にしてくれていました

けれどその時もまだ 高校生のときほどではないにしろ

話する気にはなれなかったのでお断りしたのですが。。。

最後に 先生のすごく悲しそうな顔を見てしまった私は

今でも 心にモヤモヤを抱えた状態

明日 娘の卒業式をみたら 当時のことを また思い出すでしょう

娘が高校を卒業したら 先生に会えそうな気がする とも思っていたので

自分が死ぬまでにしなければならないことのひとつ として

そろそろ 先生に 会ってみようと思います

そして いい加減 大人になって きちんと謝罪しないとですよね(笑)






話を本題に戻しまして

今日は 前回お伝えできていなかった22日(木)取材分の続きから

お伝えしていきますねkaraoke

神戸市須磨区横尾 S様邸の現場より

石堂親方は 屋根中塗りをしていました
Img_4802









中塗りと上塗りとで色をかえて塗っていくので

とりあえず瓦横向きにだけ塗っていくそうです

Img_4803_2









瓦と瓦とのすきまは

いつもきちんと塗れているかどうかを確認しながら

縦向きにも しっかりと塗る箇所なのですが

今日はあえて 瓦と瓦のすきまは気にせずに 中塗りしているようですeye

石堂親方は とてもカッチリしているので???

適当なことをするタイプでもありませんし 腑に落ちない感じ

私 なんとも言えない顔していたのでしょうね。。。

私の疑問に 石堂親方が答えてくれます

『中塗りと上塗りと色をかえて塗るのは いがいと手間がかかるんですよsweat01

瓦と瓦のすきまは 仕上げの上塗りの色で塗っていくそうです

なので先に中塗りの色で横向きに塗って

後から上塗りの色で縦向きに塗って

さらにその上から 最後 仕上げとして上塗りしていくそうです

Img_4804









細かな部分にまで 妥協しない美しい仕上がりを追求する姿勢が

感じられた取材となりましたnotenote





福田さんはサッシまわりの養生をしていましたよ
Img_4800









コチラの写真☟

雨戸と足場を利用して 立体的な養生をしていきます

掃き出し窓の開け閉めができるようにとの配慮からでしょうか?

Img_4799









『お客様がストーブをお使いになりやすいようにと 窓を開け閉めできるように

 養生しましたhappy01

Img_4801_2









灯油の補充がしやすいようにとの 細やかな配慮

さすがですね 福田さんgood

常に お客様のことを第一に考えた施工を心がけている

職人さんの配慮には いつも感心させられっぱなしですhappy01




午後からも 引き続き よろしくお願いしますね

以上、山田がお伝えしましたhappy01

残りsixthree件 頑張りますsign03

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

代表親方も♪

こんにちはnote 山田ですhappy01

本日は 神戸市西区糀台 S様邸の現場より お伝えしていきますねkaraoke

実はS様邸 今回は手直し工事になります

9年前 13年保証付きのフッ素塗料を施工させて頂いたのですが

ひび割れしてきた箇所があるとのこと

(フッ素塗料は強いのですが 硬いのでひび割れしやすいです)

保証期間内なので もちろん保証でお直しさせて頂きますよsign01


ということで 外壁すべて塗り直ししていきますので

本日は 足場組みしていきます。

川田くん、濱上親方に加えて、川脇代表親方、浦川代表親方も作業にあたります。

川脇さんも浦川さんも 営業や事務所で見る顔とは少し違う

現場での顔 職人としての顔を見ることができたような

そんな気がしましたよnote

Img_4734Img_4735  









Img_4732Img_4736








Img_4746Img_4757








Img_4759Img_4760










濱上親方は いつもの通り 完璧なるポージング&カメラ目線もcamera
Img_4737_2Img_4733_3








足場責任者の川田くんは 率先して組んでいきます

不安定な足場(組立途中の足場はものすごくグラグラです)でも

ひょいひょいとのぼり このポーズ

『足場に足をからめているのは 落ちないようにしているんですよhappy01
Img_4753






足場組立をしていくのに 両手は使っていますから

手で支えることはできないので 足を使っているってことかな?

おサルさんが 足だけでなく尻尾までも使う みたいな感じですね(笑)

とにかく 抜群のバランス感覚で作業にあたります
Img_4749Img_4750







Img_4751Img_4755








Img_4747Img_4767








Img_4769Img_4772





Img_4775Img_4774











浦川代表親方が小走りで作業にあたる姿も しっかりと写真におさめたので

あわせてご紹介しておきますねhappy01

みんなで協力して テンポよく組立してきたので

足場組み 完成に近づいてきましたが

ここで 足場の部材に不足が生じたので 急遽 部材を取りに戻ることに

なので 足場組みの取材はここまで ということで

Img_4777







とても素敵にガーデンニグされたS様邸のお庭には

いたるところに

冬の厳しい寒さに耐え 春にむけて芽吹く準備をしている植物が

外壁が美しく蘇ることで 一層お庭の美しさが引き立つだろうな~

なんて 春が来た時のイメージを膨らませながら

S様邸を後にしました



以上、山田がお伝えしましたhappy01

残りsixfour件 頑張りますsign03

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

インフルかも?

こんにちはnote 山田ですhappy01

寒さが厳しく まだまだインフルが猛威をふるっておりますが

皆さまは いかがお過ごしでしょうか。

受験生を抱える親として 今年は絶対にインフルは避けたいと

日々気を配っておりますが 毎朝起きるとのどが痛くてcoldsweats02

インフルになってしまったかもと 心配に。。。

1週間ほど前から 上の子が咳をしていることが気になっていたのですが

症状が治まることもなく ひどくなっているようなので

もしかしたら隠れインフルかも。。。

ということで 急ぎ病院で診察してもらうと

やっぱり インフル(B型)に感染してましたsweat02



受験生である下の子は 予防接種のおかげか

強さひきだす乳酸菌プロビオヨーグルトR-1のおかげか

元気にしているので何よりですが

私は 毎朝のどが痛むたびに 不安にかられる そんな毎日を過ごしております

もうしばらくの辛抱なので なんとか元気で乗り越えたいものですsign03




本日は 神戸市西区春日台 O様邸、H様邸の現場より



小林親方と柴くんは 外壁中塗り~上塗りをしていました。

こちらの外壁 一枚ずつ被さるようになっており厚みもあるので

ローラーで塗るには かなり塗りにくい形状の外壁ですeye

塗り残し箇所がないよう

しっかりと塗装できているか確認しながら 作業をすすめていきます。

Img_4729









素人目からすると 少しの凹凸 たいしたことないかのように思っちゃいますが

実際 塗っていると 何でもないような少しの凹凸でも

凹凸があるだけで かなり手間がかかるそうですsign03



こちらの現場は 4軒並びのお家なので

今回ご依頼を頂いたO様邸、H様邸までの部分を塗るのですが

境目には 非常に気をつかったそうです。

塗らない部分には 養生テープを貼るわけにはいきませんし

(養生テープで 塗膜などが剥がれしまっては困るので)

養生できないけれど 決して塗料をとばしたりして外壁を汚すことも

許されない そんな状況下での作業と言えば 分かりやすいでしょうか

とにかく

境目は 集中sign01集中sign01集中sign01の手塗りで 小林親方が仕上げたそうですgood

午後からも まだまだ外壁中塗り続きますので 頑張って下さいね。




お昼休憩前 現場を見て回っていましたら

こんなものを見つけましたflair
Img_4730









温度計ですsign03 湿度だってわかりますよsign03

今日は 晴れていますが 風がものすごく冷たい~typhoon

現在の気温は 2.8℃  湿度は 38%です

塗装と気温との関係は非常に密接なので

今年の冬は あまりにも寒かったこともあり

現場にも 温度計を導入したそうですhappy01

できるかぎり 塗装に適した条件下で作業を行うため

温度、湿度をこまめに確認しながら 作業をすすめております。


以上、山田がお伝えしましたhappy01

残りsixfive件 頑張りますsign03

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »